行け行け!LAビジネスウォッチャーズ 日米を股にかけ活躍するU.S.Bizダイレクトがお届けする米国ビジネスの最前線ブログ。アメリカの最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!TVや新聞では伝わらないビジネスヒントやアイデアをお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲ ブックマークに追加する
衛星ラジオでどこでもゴルフ三昧!-XMサテライトのゴルフラジオチャンネル
2006年07月14日 (金) | 編集 |
golfandradio1.jpg

Web2.0やロングテール論が騒がれ、ニッチ・マーケットの重要性が叫ばれている昨今ですが、ここにもひとつニッチ顧客に目をつけたサービスが注目を浴びています。そのサービスとは有料衛星放送局大手のXMサテライトラジオ社が提供している『ゴルフラジオチャンネル』です。

日本ではこの衛星ラジオはあまり普及していないようですが、なにしろ国土が広く、人々の行動範囲も広いアメリカでは、普通のラジオ放送だと地域によって電波が届かなくなってしまうことも多く、いきなり入ってくるザー、ザーという雑音にイライラすることもよくあります。その点、衛星を介してどこにいても同じ番組を途切れることなくデジタル音質で聴けるこの有料衛星ラジオ(月額13ドル)の需要は高く、2001年のサービス開始から現在約600万人の会員数を誇るまでに成長しました。

私のような車を運転している時でも常にゴルフ放送を聴いていたいニッチ顧客の要望に応えるべく、XMサテライトには170を越える独自コンテンツが用意されており、メジャーリーグやフットボールの独占放送はもちろんのこと、ゴルフトーナメント中継のようなニッチなスポーツ中継から音楽ではロック、ジャズ、年代別のオールディーズ、さらには地域ごとの渋滞交通情報まで細かく分かれています。「CD並みの音質」に加え、「CMが入らない」、「うるさいMCのトークなどが入らない」というのも人気の要因ではないでしょうか。

さて、この『ゴルフラジオチャンネル』、全米プロゴルフ協会(PGA)と提携し、ゴルフ場での新しいマーケティング方法を展開しています。ゴルフトーナメント会場のあちこちでポータブルラジオ1,000台を無料で貸し出すブースをつくり、観客が選手を追いながらゴルフ中継を楽しめるサービスを展開しはじめました。これまでは車やステレオなどの固定された場所でしか受信できなかったものが、アンテナのついた携帯電話並みの小さなポータブル・ディバイスを持ち歩きながら、どこでも放送を聞くことができるようになったのです。間近で選手のプレイを追いながら、解説が聞けるというこの画期的なサービスで、XMサテライトはさらなる視聴者の加入を目指しています。


golfandradio2.jpg


ニッチ顧客のニーズに応えることができる有料衛星ラジオ自体が、インターネットやテレビに比べるとニッチであり、マスマーケットに受け入れられるかどうかは疑問ですが、今後このような携帯プレイヤーとしての利便性を活かし、どのようなユニークなサービスを展開していくのか注目していきたいと思います。


羽くじら♂


-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:
【Quote of the Day(今日のいい言葉)】
When I die, bury me on the golf course
so my husband will visit everyday.
もし私が死んだら、私をゴルフ場に埋めてください。
そうしたら、旦那が毎日訪れてくれるから。
-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:

Joe: 私もPGAのファンですが、このようなサービスがあるとは全く知りませんでした。野球、NBA、NFLならわかりますが、ゴルフというのはすごい。近年のアメリカでのゴルフ人気を象徴するようなサービスですね。

とげとげ:
ロングテールの法則にあるように、従来の店舗型ビジネスでは、ローカライズされたニーズしか拾うことができないため、ニッチ・ニーズにターゲットを置いたビジネスを展開することは困難でした。ラジオの世界でも同様で、一般のラジオ局は本質的に“ローカル・ベース”であるため、ニッチ・ニーズをベースとしたプログラミングは不可能であったわけですね。
サテライト・ラジオでは、全米に散らばっている“ゴルフ・ファン”というニッチ・オーディエンスを束ねて、“ニッチのマス(塊)”としてターゲッティングすることができ、結果として、そこに、ビジネスとして存続し得る経済性が生まれる。・・・新しいビジネス・アイディアの創造にとってはとってもエキサイティングな時代になりましたね。



banner_02.gif 「行け行け!LAビジネスウォッチャーズ」への応援クリックお願いします。



関連記事


2006/07/14 10:30 | ゴルフ | Comment (6) Trackback (0) | Top▲ ブックマークに追加する
コメント
この記事へのコメント
ケイジ様
こんにちは。
シリウスサテライトラジオの日本での利用方法は調べてみないとわかりませんが、世界どこでも利用できたら今よりも加入者が増えるでしょうね。
2007/09/25(火) 07:34:40 | URL | LAビジネスウォッチャーズ #eu8NJOOo[ 編集]
日本でも聞けますか?
こんにちは。アメリカで月13ドル払ってシリウスのサテライトラジオの利用者です。利用はアメリカ、カナダのみと言うことですが使用料さえ払っていれば日本へ移動しても日本の車にセットすれば、日本でも使用できるのではないでしょうか?衛星は地球の周りを回ってると思うしその点は素人なのでわかりません。是非、回答をよろしくお願いします。
2007/09/23(日) 09:56:31 | URL | ケイジ #-[ 編集]
yokoyama様
コメント有難うございました。

これからもどんどん新しいビジネストレンドやビジネスアイデアをお届けしてまいりたいと思います。また遊びに来てください。
2006/07/26(水) 06:39:02 | URL | LAビジネスウォッチャーズ #eu8NJOOo[ 編集]
はじめまして。横山と申します。
世の中にはいろいろなネタがあるんですね。
勉強になりました。

また、伺います。
2006/07/25(火) 14:22:51 | URL | yokoyama #-[ 編集]
たなか様
コメントありがとうございます。

日々周りを見回すと、面白いビジネス・アイディアが
たくさんりありますね!
刻々と進化を続けるテクノロジー。
でもそれを支えるのはやはり人間・・。

またお越しください!


2006/07/15(土) 07:30:48 | URL | LAビジネスウォッチャーズ #eu8NJOOo[ 編集]
いつも面白い商品、サービスの紹介ありがとうございます。
とても勉強になります。
日本では衛星ラジオが普及していない。
ー>衛星ラジオをやってたことすら知りませんでした。

マーケティングなどアイデアを盛り込んで
面白いですね
2006/07/14(金) 19:16:41 | URL | たなか #I4z6eAiM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。