行け行け!LAビジネスウォッチャーズ 日米を股にかけ活躍するU.S.Bizダイレクトがお届けする米国ビジネスの最前線ブログ。アメリカの最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!TVや新聞では伝わらないビジネスヒントやアイデアをお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲ ブックマークに追加する
デジタルサイネージ + α
2009年08月25日 (火) | 編集 |
先週、買い物をしに近くのショッピングセンター 「Century City Shopping Mall」に行ってきました。駐車場に車を停めてエレベータの方へ向かって歩いているとどこからかテレビの音が・・・。何かなと思って、音のする方に近づいてみると壁一面に航空会社Jetblueの広告が張り出されていました。

carspazeTysonsScreen_1R.jpg


Jetblueはニューヨークをベースとするエアライン。格安航空会社として知られるサウスウェスト航空出身の社員がサウスウェスト航空の経営モデルを基に立ち上げたそうです。機内のアメニティーグッツエンターテインメントに力を入れることでサウスウェスト、そしてその他エアラインとの差別化を図っています。

広告内容は、機内で36チャンネルのテレビ放送が無料で見れるというもの。
そのサービス体験をリアルに表現するために、機内シートが描かれていて、そこに本物のモニターが取り付けられていました。

デジタルサイネージは今の時代珍しくなく、あらゆる場所で目にするせいか、単なる動画配信で顧客の目を引くのは難しくなっています。
今回のJetblueの広告は一部をデジタル化し、機内で受けられるサービスをそのまま実物大で表すという工夫がユニークで感心しました。

carspazeCenturyCity_1R.jpg


また、広告スポットとして普通はあまり考えない殺風景な駐車場を選んだのも、「スペースの効率化」、「より多くの人の目につく」といった点で効果的だと思いました。

この広告がきっかけでJetBlueに興味をもった私。次回はjetBlueの魅力的なサービス内容についてお伝えします。


Absent

USBizサービス紹介
----------------------------------------------------------
アメリカには想像力をさらに刺激するような、大胆で発想力豊かなモノが溢れています。


アメリカ視察によって、新鮮な価値観に触れ、新しい企画の創造に繋げませんか。

詳しくはココへアクセス!!!!

----------------------------------------------------------




人気ランキング
人気ブログランキングへ
↑ 皆様の一票が私たちの力となります!!
人気blogランキングの応援クリックをお願いします。

関連記事


2009/08/25 07:25 | ビジネス・トレンド | Comment (0) | Top▲ ブックマークに追加する
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。