行け行け!LAビジネスウォッチャーズ 日米を股にかけ活躍するU.S.Bizダイレクトがお届けする米国ビジネスの最前線ブログ。アメリカの最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!TVや新聞では伝わらないビジネスヒントやアイデアをお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲ ブックマークに追加する
ワイン・コルクのリサイクルプログラムで心に“ラグジュアリー”を!
2008年05月16日 (金) | 編集 |
「私の血は、ワインでできている!」
とまではもちろん言わないまでも、ワインは相当好きなんです。
こんにちは、羽くじら♂です。

ここカリフォルニアは、世界でも有数のワイン産地として知られています。
特に、ナパバレーやソノマでは、世界的に有名なワイナリーも数多く、多くのワイン愛好家がワイナリーに足を運び、ワインのテイスティングを楽しんでいます。

ワイン好きの方なら、ワインの味だけでなく、ワインの『コルク』そのものにロマンを馳せる方も多いのではないでしょうか。何年もの間、ワインの香りを閉じ込め、たっぷりとワインが染み込んだコルクの香りを楽しむというのは、ワインをたしなむ一種の『儀式』とも言えます。そのようなロマンあふれるコルクを、コレクションとして保管したり、記念グッズとしてコルクボードを製作したり、はたまたスーツにしてしまったり(!?)と、用途は様々です。

recork1.jpg



個人消費レベルなら、捨ててしまっても問題ないコルクですが、ワイナリーやレストランなどで飲まれるワインの数を考えたら、その膨大な数のコルクをただ捨ててしまうのはもったいないですよね。

さて、私が最近注目しているのは、ReCork Americaという団体の活動です。同団体では、捨てられていくワインのコルクを再利用しようという、エコ・プロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトとは、回収したコルクを、家の床に使用されるタイルや、ガーデニング用品、オフィス・プロダクツなどに再利用していこうというものです。

ReCork Americaの運動はまだ立ち上がったばかりですが、これから消費者の賛同をえて、すばらしいリサイクル効果を実現させていくことを期待しています。ReCork Americaは、現在オレゴンやサンフランシスコを中心に活動中で、これから徐々にアメリカ全土への展開を目指しているそうです。

地球の環境問題に配慮できるこのReCork Americaの運動が、さらに盛り上がりを見せ、ワインを楽しむという“ラグジュアリー”な時間が、さらに深いものになればと祈りつつ、日々、美味しいワインを追い求めている羽くじら♂でした。


羽くじら♂

----------------------------------------------------------
これってもっと調査が必要。アメリカに行って是非調べたい。でもそんな時間がないし・・。

知りたい情報を徹底的に調べます。貴社に代わってアメリカ・ロサンゼルスを駆け回る、ユーエスビズダイレクト。
詳細はコチラへ!!
----------------------------------------------------------

banner_02.gif
↑ あなたの一票が私たちの力となります!!
人気blogランキングの応援クリックをお願いします。
関連記事


2008/05/16 04:10 | 酒・ワイン・カクテル | Comment (0) | Top▲ ブックマークに追加する
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。