行け行け!LAビジネスウォッチャーズ 日米を股にかけ活躍するU.S.Bizダイレクトがお届けする米国ビジネスの最前線ブログ。アメリカの最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!TVや新聞では伝わらないビジネスヒントやアイデアをお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲ ブックマークに追加する
100 Best Companies to Work For (最も働きたい企業ベスト100)
2008年02月01日 (金) | 編集 |


先日、毎年恒例となっているFortune (フォーチュン)誌の「最も働きたい企業ベスト100」が発表になりました。アメリカの406企業が参加して行なわれたこのランキングは給与、ベネフィット、職場環境など様々な条件をもとに決められます。ランキング決定の内訳は、1/3がフォーチュン誌の調査、2/3が従業員へのアンケート。つまり、実際に働いている社員の意見がこのランキングを大きく左右します。

banner_02.gif
↑ ランキングが急降下してしまいました・・・
ランキングの応援クリックお願いします!


トップは2年連続でGoogle(グーグル)。他に皆さんがお馴染みの企業としては、Starbucks(スターバックス)が7位、Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)が16位、毎年10位以内に入っていた収納用品の専門リテーラー、The Container Store(コンテナーストア)は、20位に順位を下げました。


やはり、グーグルは勢いがあります。施設内にプールロッククライミングなどのフィットネス設備がありますし、無期限の病欠が認められるといったユニークなポイントもあげられています。また興味深いのは、働く時間の20%を自分の好きなプロジェクトに費やせるという点です。

お金を儲けているグーグルだからこそ、このような充実した職場環境を提供できるのか。それとも、充実した職場環境の提供が、グーグルの急成長につながっているのか。いずれにせよ、グーグルの自由で充実した職場環境が、次々と新しいビジネスを世に送り出す要因となっているのは間違いないでしょう。

JOE

----------------------------------------------------------
気になるアメリカのあの企業と提携交渉の第一歩は?

そんな貴社のお悩みを解決!
ユーエスビズダイレクトでは貴社のご要望にお応えし、
アメリカの企業・市場調査を承っております。


詳細はコチラへ!!
----------------------------------------------------------


banner_02.gif
↑ 皆様の一票が私たちの力となります!!
人気blogランキングの応援クリックをお願いします。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
タッシー様
いつもコメント有難うございます。

働く環境は本当に大事だと思います。
私たちのオフィスでも何かできないか
思案中です。(笑)
2008/02/05(火) 12:43:16 | URL | LAビジネスウォッチャーズ #eu8NJOOo[ 編集]
グーグル!
グーグルに入社するのが大変難しいそうですが、それはともかく、働く環境は大事ですよね。
2008/02/05(火) 07:49:39 | URL | タッシー@団塊女性よこれからです #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。