行け行け!LAビジネスウォッチャーズ 日米を股にかけ活躍するU.S.Bizダイレクトがお届けする米国ビジネスの最前線ブログ。アメリカの最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!TVや新聞では伝わらないビジネスヒントやアイデアをお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲ ブックマークに追加する
アメリカの不思議な食べ物(ピスタチオ)
2006年06月06日 (火) | 編集 |
ピスタチオ好きの民族は多い。アメリカでは普通のスーパーでも多様なピスタチオのオヤツが売られている。自然食品店では塩をふっていない生のピスタチオも入手できる。 ピスタチオの入ったアイスクリームは、たしかに とってもおいしい。バラやオレンジの花弁で作ったエッセンスを加えたものもある。ハーゲンダッツにもピスタチオ・アイスクリームがあって、それは格別。M・M・M・M・M!

20060606063339.jpg

ロサンゼルスにはイランやアルメニア、イスラエル、エジプト、トルコ系の人も かなり多い。そして、彼らはピスタチオ・ナッツが大好物らしい。 彼らが食する、ピスタチオ入りのバクラワ(Baklava)もおいしい。バクラワとは、ミルフィーユより薄い生地を使ったパリパリのパイである。クルミやヘーゼル・ナッツを使ったものもある。

n_burma_pistachio_350.jpg

特にバーマ(Burma)と呼ばれる、ひも状のパイ生地の輪の真ん中にピスタチオを入れて焼いた、鳥の巣みたいなバクラワは、とっても、とっても、Yummy! 葉から出した紅茶やトルコ・コーヒーとよく合う。
 
さらに上級者(?)には、ハルワ(Halva (“甘い”という意味):練りゴマ+ピスタチオ+砂糖、ピタ・パンに挟んで食べる)や、まっ白なピスタチオ・ヌガー(薔薇(バラ)の味!)が待っている。日本でも手に入る素材で、こんなに違った食べ方があるとは、人間も奥が深い。

 20060606064319.jpg

ちなみに、先日 社長に配っていただいた、ピスタチオのみじん切りをまぶしたチョコも 激ウマだった。

 choco.jpg


Figga

人気blogランキングへ 書いて想像しただけで、よだれが。応援クリックお願いします。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ジャンボピスタチオ(イラン)ナッツの女王とも呼ばれる、奥深い旨みとコクのあるナッツです。当店は、世界一のピスタチオの産地であるイランの中でも、高品質なピスタチオを仕入れております。コンビニやスーパーとは違う、豆問屋が仕入れる高品質なピスタチオです。濃厚な
2007/04/07(土) 01:37:06 | ナッツを極める
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。