行け行け!LAビジネスウォッチャーズ 日米を股にかけ活躍するU.S.Bizダイレクトがお届けする米国ビジネスの最前線ブログ。アメリカの最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!TVや新聞では伝わらないビジネスヒントやアイデアをお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲ ブックマークに追加する
Yum, Yum, バスタイム!
2006年06月05日 (月) | 編集 |

20060605062738.jpg



「おや、袋入りアイスクリーム???」と、手にとってみて驚いた、新手のバスボム。バスボムは浴槽に入れると、“シュワー”という音とともに溶けるエキサイティングな入浴剤だが、イギリス生まれのハンドメイド・コスメのお店、LUSHなどが進出して以来、日本でもご存知の方は多いと思う。



今回私が入手したのは、『コスモポリタン』。TV番組、『Sex and the City』でもお馴染みのカクテルと同名のバスボムで、顔を近づけるとクランベリーとピーチを思わせる甘酸っぱい香りがする。この商品ラインには、他にも、『パパイヤ・ネクター』、『ピーチ・アンド・クリーム』、『チョコレート・カバード・ストロベリー』、『ミルク・アンド・ハニー』、『ライプ・マンゴー』など、38種類もの“フレーバー”があり、う~ん、見るからに美味しそうで、思わずかぶりつきたくなる。パッケージには、もちろん、“Please do not eat(食べないで)!”と断り書きが・・・。


 


数年前に話題になった書籍、『 なぜ高くても買ってしまうのか』の中でも、バス・グッズが代表的な“ニューラグジュアリー”商品カテゴリーのひとつとして挙げられていた。一個8ドルもするバスボムは決して安いものではないが、ニッチを狙うバス・グッズの高級化は留まるところを知らない。時間に追われハイ・ストレスな生活を送る現代女性(そして男性)たちは、非日常を感じさせてくれる癒しグッズを常に求めている。機能性のみを追及したバス・グッズではなく、触覚、嗅覚、視覚、聴覚、味覚の五感に訴えるエクスペリエンス追求型バス・グッズには、無限のビジネス好機が広がっている。


とげとげ



人気blogランキングへ 甘い香りバスでリラックス。応援クリックお願いします。

関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。