行け行け!LAビジネスウォッチャーズ 日米を股にかけ活躍するU.S.Bizダイレクトがお届けする米国ビジネスの最前線ブログ。アメリカの最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!TVや新聞では伝わらないビジネスヒントやアイデアをお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲ ブックマークに追加する
お酒のはなし 4 -ワイナリーへの道
2006年06月01日 (木) | 編集 |
先週末、久しぶりにサンタバーバラ・エリアにあるワイナリーに行ってきた。久しぶりのワイナリーということもあり、エキサイティングな気分で、前夜祭を開いてしまった。パーっと美味しいワインを友人とともに1本、そして2本と飲み干し、翌日朝9時出発の予定で就寝についた。まぁ言うまでもなく二日酔いで迎えた朝は調子が悪く、ワイナリーどころの気分ではなかったが、気合を入れて準備をし、2時間遅れで出発した。

3連休ということもあり道路は渋滞。おまけに途中でガソリンを入れるため、フリーウェイを降りてガソリン補給。再びフリーウェイに戻ろうとしたら入り口が閉鎖されていた。なんやかんやで20分のロスタイム。気を取り直してそこから1時間半くらいでようやくサンタバーバラ近辺に到着した。ワイナリーの多くはサンタバーバラからさらに山奥にあるため、さらに1時間ほど運転。目的地であった一軒目のワイナリーに到着。ゲートが閉まっていて、ワイナリーへと続く道が遮断されていた。車の中でブーブーと文句を言いながら、そのワイナリーに電話と試みるが、携帯が通じない。あきらめて次のワイナリーに行って聞いてみると、そのワイナリーは破産してもうないとか・・・・ついてない。この時点でもう4時。通常ワイナリーは5時とか6時に閉まってしまう。せっかく遠くまで来たのだからと猛スピードで運転し、根性で結局4軒ほどテースティングを満喫。

その中で最も美味しかったワイナリーはEpiphany Cellar。5ドルで5種類のワインをテースティングできるのだが、2種類ほどおまけしてくれて全部で7種類を試飲。白ワイン、ロゼ、赤ワインとどれも激ウマ。特に美味しかったのが2000年のSyrah-Cabernet Sauvigon。75%がSyrahで25%がCabernet Sauvignonのブドウを使用。ラズベリー、ストロベリー、ブラック・チェリーとプラムのアロマの香りが私たちを至福の世界へ導いてくれて、長旅の疲れや二日酔いを忘れさせてくれた。

その後Solvangにあるフランチ・レストランでディナー。あれだけ飲んだにもかかわらずディナーの席でも赤ワイン1本をオーダー。ワイン三昧の週末でした。でもこの次にワイナリーに行くときは、前日にワインを飲むのは控えます。

やまごぼう
wine2.jpg


人気blogランキングへ 週末だけでどれだけのワインを飲んだのだろう...本日も応援クリックお願いします
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。