行け行け!LAビジネスウォッチャーズ 日米を股にかけ活躍するU.S.Bizダイレクトがお届けする米国ビジネスの最前線ブログ。アメリカの最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!TVや新聞では伝わらないビジネスヒントやアイデアをお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲ ブックマークに追加する
オーガニック市場のビッグ・バン
2006年05月30日 (火) | 編集 |
organic.jpg


私とオーガニック・フードとの付き合いは、長い。

なれ初めは、サンフランシスコで過ごした学生時代。オーガニック・スーパーマーケットの元祖といわれる『レインボウ・スーパーマーケット』から5分も歩かないところに住んでいた私は、筋金入りのベジタリアン、オーガニック・フードの信奉者であった友人たちからオーガニックの洗礼を受けた。当時はオーガニック・フードなんて文字通り目が飛び出るほど高かったので、揃いも揃って貧乏学生であった私の友人たちは、「武士は食わねど高楊枝・・・」とばかりに、パン1切れに生のにんじん1本をかじって生活していたものだ。

しかし、近年になって、我々のような一般消費者とオーガニックの付き合い方に、大きな変化が訪れ始めている。

かつては、゛オーガニック"というと、特別なところに行かないと買えないもの、高いもの、という印象があった。世界最大のオーガニック/ナチュラル・スーパーマーケットとして高く評価されているホールフーズ・マーケットも、陳列やマーチャンダイジングのコンセプトはなるほど素晴らしくて、私もできることなら毎日あそこで買い物をしたいくらいだが、お値段の方を考えるととっても手が届かなかった。

しかし、「世界中の珍しいもの、価値あるものを、お客様のトレーダー(買い付け役)となって提供する」ことを基本コンセプトとしたトレーダー・ジョーのようなスペシャリティ・マーケットでは、オーガニックの生鮮品はもちろんのこと、オーガニックの冷凍野菜や加工品を手ごろな値段で提供するようになってきた。私のような゛中流"消費者にとって、背伸び、とまではいかない、むしろ、ちょっとつま先立ちをすればオーガニックが買えるような時代が到来しているといってもよい。

アメリカでは、ここ数年のうちに、゛オーガニック市場のビッグ・バン"が訪れるといわれている。どういうことかというと、ウォル・マートやその他の大手スーパーマーケット・チェーンがこぞってオーガニック製品をプライベート・ブランド(自社ブランド)化して展開し始めるため、今まで「高くて当たり前」とされていたオーガニック製品の値段が平均的にぐんと下がる、ということだ。私の行きつけのスーパーマーケット、゛パビリオン"でも、2ヶ月ほど前から、゛O(アルファベットのO、OrganicのOです)"という名称のもとに自社ブランドのオーガニック商品をかなりアグレッシブに展開し始めた。最終的には300品目くらいまで増やすのが目標らしい。

一般に、オーガニック製品は、通常の商品に比べて30%から40%割高であるといわれている。先日、ウォル・マートのマーケティング最高責任者が、オーガニック製品の展開に本格的に力を入れていくことを発表していたが、ウォル・マートでは、通常の商品のわずか10%増くらいの値段でオーガニック製品を販売することができると見こんでいるという。

アメリカの一般消費者の間では、食品の安全性への関心が高まる中、オーガニック商品の認知度や需要も高まりを見せている。しかし、今までは、「試してみたいのはやまやまだが、なにしろ値段が高くて・・・」と難色を示す人が大半で、オーガニック市場においては、「鶏か卵か?」のようなジレンマが起こっていた。需要があるレベルにまで達しなければ価格を下げることはできないが、価格が下がらなければ需要は上がらない、というわけだ。

ここにきて、大手リテーラーが一斉にオーガニックへの注力を強めると、オーガニック製品の価格が飛躍的に下降し、毎日の食卓にオーガニック・オンリーの食事がのぼる、ことも夢ではなくなるのかもしれない。今でこそ、゛ローハス"のようなコンセプトが「お洒落なライフスタイル」としてマーケティングされているが、近い将来には、オーガニックが主流化し、゛普通"の感覚で捉えられる時代になって、自然にやさしく、自分にやさしい生き方が、マス(大衆)のライフスタイルになるのかもしれない。そんな時代が一刻も早く到来するのを願いたいものだ。

とげとげ

人気blogランキングへ 応援クリックお願いします。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。