行け行け!LAビジネスウォッチャーズ 日米を股にかけ活躍するU.S.Bizダイレクトがお届けする米国ビジネスの最前線ブログ。アメリカの最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!TVや新聞では伝わらないビジネスヒントやアイデアをお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲ ブックマークに追加する
アメリカの“もったいない”精神はここにあり。
2007年03月23日 (金) | 編集 |
皆さま、こんにちは。日々エキゾチックな食を求め、食の開拓を続けるCHARLIEです。

アメリカと聞いて連想するのは、サイズの大きさではありませんか?国もBigなら人もBig。もちろん、食べ物だってBigサイズです。レストランに行くと、大皿に山盛りでてくるというのがアメリカ。注文したものがでてきて“足りなそうだな”と思ったことはアリマセン。我社一の大食いを誇るCHARLIE でさえ、完食できないこともしばしば。

DoggieBox


banner_02.gif
↑ 今の私たちには、皆さまのワンクリックが必要です!!
是非とも人気blogランキングの応援クリックを宜しくお願いいたします。


残すのはもったいないなと思いつつも、もうこれ以上は無理という時に登場するのが“Doggy Bag(ドギーバッグ)”です。Doggy Bag(To Go Boxとも呼ばれる)というのは、テイクアウト用に用意された容器のことで、アメリカではどこのレストランにも常備されているものです。食べきれない時は、ためらわずに“Can I have a Doggy Bag?”とウエイター/ウエイトレスに頼みます。

日本では馴染みのない習慣ですが、アメリカではこれは当たり前の行為なのです。そこまでやるか!?というほど、ほんのちょっぴり残されたものまで持ち帰ってしまうのがアメリカ流です。確かに、食べ残しはもったいないですからね。それに、夕食で持ち帰ったDoggy Bagを翌日そのままオフィスに持参して、それがその日のランチにできてしまうこともあるので経済的でもあります。私、CHARLIEはこのシステムの賛成派です。

GPS Car Navigation


Doggy Bagは、私が日本に浸透して欲しいなと思うもののひとつです。日本のレストランなどの飲食店にDoggy Bagが用意してあれば、お客さんも気兼ねなく残った食べ物を持ち帰ってくれるのではないでしょうか。きっとお客さんの中には、残してしまったものに罪悪感を憶える人や、もったいないなと思っている人がけっこういるのでは?ちなみに、CHARLIEもその一人です。Doggy Bagシステムを設けることにより、食べ物の無駄を減らすこともできますし、またお客さんにも喜んでもらえるので一石二鳥ではないでしょうか?



CHARLIE


■【モノが語るアメリカのライフスタイル】
第9回:「Sushi Time!」 が公開中です。

banner_02.gif

banner_02.gif banner_02.gif
↑ こんなブログをまた読みたい!と思った方、コチラから
人気blogランキングの応援クリックをお願いします。

関連記事


2007/03/23 10:07 | アメリカンな食べもの | Comment (6) | Top▲ ブックマークに追加する
コメント
この記事へのコメント
ヤスッ様
「All You Can Eat」、つまり「食べ放題」ということですか? たしかにアメリカはこの制度を取り入れたレストランが多いような気がします。
2007/03/27(火) 02:20:10 | URL | LAビジネスウォッチャーズ #eu8NJOOo[ 編集]
営業マンブランディングの佐藤様
私も最初、こちらで『お持ち帰り』を試みた時はどうしても周りの目が気になりましたが、結局、残したものがすべて生ゴミとなってしまうことを考えると持ち帰り、次の日の朝ごはんや昼ごはんにしようといった考えを持つようになりました。日本でもこのような習慣がもう少し浸透すればいいですよね。
2007/03/27(火) 02:18:57 | URL | LAビジネスウォッチャーズ #eu8NJOOo[ 編集]
ナマコン社長様
衛生管理に厳しい日本では、このシステムの導入には徹底したシステム管理が必要になってくるでしょうね。お持ち帰りシステムを専門に受け持つ代行業者などが現れたら面白いですね。
2007/03/27(火) 02:16:34 | URL | LAビジネスウォッチャーズ #eu8NJOOo[ 編集]
All you can eat
で、このシステムを導入してほしいですね・・
2007/03/24(土) 00:00:10 | URL | ヤスッ #-[ 編集]
人の目
こんばんは。
アメリカってそうなんですね^^;
日本ではお持ち帰りってなんだか、
人の目が気になったり、だされた
ものは無理しても全部食べる!
的なところがあるような気がします。
2007/03/23(金) 23:09:48 | URL | 営業マンブランディングの佐藤 #-[ 編集]
日本では…
こんにちは。
Doggy Bagシステムについて、あるレストランに提案したことがあります。
そうしたら、「食中毒の恐れがあるのでNG」との答え。
なんでも保健所が良い顔をしないのだそうです。

そういえば、格式の高いホテルやレストランでは、先ず「持ち帰り」の申し出は断られますね。
日本では外食の際の残す比率がかなり高いと聞いています。

「羹(あつもの)に懲りて」の類でしょうか…
生もの以外は問題ないと思いますけど、そこまで気を遣っていられないということでしょうか?
ビジネスはそこまでコミットした企業が伸びると思うのですがね。
2007/03/23(金) 15:14:23 | URL | namacon #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。