行け行け!LAビジネスウォッチャーズ 日米を股にかけ活躍するU.S.Bizダイレクトがお届けする米国ビジネスの最前線ブログ。アメリカの最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!TVや新聞では伝わらないビジネスヒントやアイデアをお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲ ブックマークに追加する
ロサンゼルスの花屋にみるバレンタイン商戦
2007年02月10日 (土) | 編集 |
:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-
お知らせ:
02/09/07
■【モノが語るアメリカのライフスタイル】
第4回:「バレンタインにはアートフルな愛を」 を公開しました。

■ LAビジネスウォッチャーズがmixiデビューしました。mixiアカウントお持ちの方はぜひマイミク登録して下さい。ニックネームは[LAビズウォッチャーズ]です。
:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-


バレンタインデーが直前に迫り、ここロサンゼルス周辺のお洒落なショップなどにもバレンタイン用のギフトがカラフルに並べられています。アメリカのバレンタインはというと、チョコレートを好きな男性に贈る日本の習慣とは一味違います。どちらかと言うと男性が女性にギフトを贈るだとか、ロマンティックなディナーに誘うなんていうのが一般的となっています。「ホワイトデーはどうなるの?」と思う方もいるかもしれませんね。実はアメリカにはホワイトデーは存在しないのです。

ところで皆さんは、今年はどんなスイートなプランを予定していますか?CHARLIEは、と言いますと・・・バレンタインと聞くと、スイートなメモリーよりも先立って思い出すのが、花屋でアルバイトをしていた時のこと。『超』忙しくて、大変だったのを思い出します。

CutSalad


banner_02.gif
↑ ランキングに参加しています。気になる順位は?
人気blogランキングの応援クリックお願いします。


我社のある、ここロサンゼルスではバレンタインデー当日は、ホットなレストランやバーはロマンティックな夜を過ごそうという恋人たちで溢れかえります。そして、花屋にとっても一年で一番忙しい日。それもそのはず、2005年のバレンタインデーには全米で1億8,000万本のバラが売れたそうです。

そんな男性をターゲットに、巻き起こる花屋のバレンタイン商戦。CHARLIEが働いていた花屋でも、男性が好みそうなフラワー・アレンジメントを普段よりも少々お高く販売していました。その花屋では、バラは1本$10から、また、アレンジメントは$100から・・・。場所がブレントウッドという高級住宅街にあるためということもありますが、卸値もまた、普段のおよそ2倍に跳ね上がります。

それでも、愛する女性に素敵な花をプレゼントしようと、毎年店内は少し恥ずかしそうな男性陣で溢れかえります。しかし、花について無知な男性陣は、『僕のガール・フレンドは・・・な感じで、・・・が好きだから、彼女が好きそうな花を選んでくれる?』とまるっきり人任せ。『どうでもいい』わけではなく、ただ単に『わからない』らしいのです。そして、どうやら花の値段の相場も『わからない』らしく値のはるフラワー・アレンジメントがぽんぽんと飛ぶように売れていきました。

アメリカでは、バレンタインデー以外にも花を贈ることは一般的で、プライベートやビジネスにおいても日常茶飯事です。やはり、誰でも花はもらって嬉しいものですし、アメリカの多種多様なオケージョンやイベントには、欠かせないビジネス・アイテムのひとつとなっているようです。

■【モノが語るアメリカのライフスタイル】
第4回:「バレンタインにはアートフルな愛を」 を公開しました。

banner_02.gif



CHARLIE


banner_02.gif banner_02.gif
↑ こんなブログをまた読みたい!と思った方、コチラから
人気blogランキングの応援クリックをお願いします。

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:
【Quote of the Day(今日のいい言葉)】
Keep love in your heart.
A life without it is like a sunless garden where the flowers are dead.
心に愛をもち続けよ。
愛のない人生は、太陽があたらず花が枯れてしまった庭のようなもの。

:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:
関連記事


コメント
この記事へのコメント
Re:saki様
コメントありがとうございます。
また是非遊びに来てください。

2008/11/26(水) 10:18:59 | URL | Absent #Xlf61/xI[ 編集]
こんにちは
こんにちは!また、遊びに来ますね。
2008/11/26(水) 01:13:09 | URL | saki #-[ 編集]
燃えるビジネスパーソンふなきさん
コメント有難うございます。

家族へ花を贈るって素敵ですね。きっと家族の皆さんも喜ばれるでしょう。燃える応援クリックありがとうございます!!
2007/02/13(火) 03:28:23 | URL | LAビジネスウォッチャーズ #eu8NJOOo[ 編集]
熱血コーチまーくんさん
コメント有難うございます。

確かに日本ではバレンタインに男性が女性に花を贈るという習慣はまだ確立されていませんよね。花屋とコラボするというのは面白いアイデアですね。これからも「行け行け!LAビジネスウォッチャーズ」を宜しくお願いします。
2007/02/13(火) 03:27:12 | URL | LAビジネスウォッチャーズ #eu8NJOOo[ 編集]
こんにちわ
燃えるビジネスパーソン?ふなきです

花を贈るっていい習慣ですよね。
私も見習って、家族に花を贈る習慣を持ちたいって思いました。
今年は、バレンタインデーに家族へ花を贈ってみようかな。

燃える応援クリック!!

2007/02/11(日) 23:19:35 | URL | 燃えるビジネスパーソン?ふなき #-[ 編集]
アメリカは花なんですねー^^

しかもホワイトデーはなしとは・・・

そういわれて考えると、ホワイトデーは日本の企業がつくりだした戦略的イベントかもしれませんね。^0^

逆にアメリカのこのトレンドを取り入れた脱常識発想で、日本のバレンタインデーに、男性から好きな女性にバラを送ってみる。

たぶん女性はめちゃくちゃ驚いて喜んでくれると思う。

でそこに一筆「アメリカではバレンタインの日、男性から好きな女性にバラをおくるといいます。今日はアメリカから君にピッタリなバラを取り寄せました。」なんて手紙を添えておく。

それを大手お花屋さんにプレゼンして、コラボする


今日のブログでそんなアイデアが思いつきました(笑)

いやー本当にビジネスのヒント一杯ですねー!!
アイデアがわきあふれてきちゃいますね。

このブログあんまり多くの人に読まれると困るなー(笑)
2007/02/10(土) 23:41:05 | URL | 熱血コーチまーくん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。