行け行け!LAビジネスウォッチャーズ 日米を股にかけ活躍するU.S.Bizダイレクトがお届けする米国ビジネスの最前線ブログ。アメリカの最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!TVや新聞では伝わらないビジネスヒントやアイデアをお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲ ブックマークに追加する
返品無用?!
2007年01月19日 (金) | 編集 |
皆さん、こんにちは。常にオフィス内のサプライを管理し、無駄にオフィス・サプライを消費する社員には目を光らせ、にらみを利かせているやまごぼうです。

通常我が社では、オフィス・サプライのストックを定期的にチェックし、1ヶ月に1-2度まとめてオーダーしています。アメリカのオフィス・サプライ業者、Staples(ステープルズ)、Office Depot(オフィス・デポ)、Quill(クイル)などからは毎日のように割引クーポンやチラシが届くので、それを眺めては買い時を定めています。

Parking


banner_02.gif
↑ ランキングに参加しています。気になる順位は?
人気blogランキングの応援クリックお願いします。


ところで、オフィス・サプライはオンライン・オーダーをして、翌日には商品が手に届くというのは、ほとんど当たり前になっていますが、結構ミステイクも多いのが現状です。オーダーしたものが入っていなかったり、商品が間違って入っているということもよくあります。もちろんすぐにカスタマー・サービスに連絡をし、正しいものを送るように伝え、間違った商品の返却方法を確認しますが、たまに驚くことがあります。

それは・・・・・間違った商品を送り返さなくていいというのです。

もちろん全ての商品が対象ではありませんが、返品された商品のチェック、再梱包にかかる人件費などを考えると、返品してもらわないほうが、コストを低く抑えることができるのだそうです。たいていの場合は、ただで使ってくださいというわけではなく、どこか学校や教会などにドネーション(寄付)して頂ければ・・・といわれます。我が社では以前にファイル・フォルダーやコピー用紙などを間違って受取ってしまい、近くの教会に寄付をしたことがあります。また、業者の間違いではなく、私のオーダー・ミスであっても、返却をしなくていいことも過去にありました。

アメリカって寛大な国だなとあらためて感じましたが、年間オーダーミスや配送ミスによる損害は一体どれくらいになるのでしょうね。

*もっと詳しくアメリカのオフィス・サプライ業界について知りたい方はこちらでご覧になれます。

【3分半でわかる!アメリカン・ビジネス】
第三回:「新たな変革を遂げるアメリカのオフィス・サプライ業界 」

banner_02.gif


やまごぼう


banner_02.gif
↑ こんなブログをまた読みたい!と思った方、コチラから
人気blogランキングの応援クリックをお願いします。

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:
【Quote of the Day(今日のいい言葉)】
Man errs so long as he strives.
人間は努力する限り過ちを犯す。
:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:


関連記事


コメント
この記事へのコメント
Yokoさま
コメント有難うございます。

確かにそれでは郵送費がもったいないですよね。しかし、それ以上にキャンセル手続きにコストがかかるのでしょうね。返品システムがもっと効率化できるといいんでしょうけど・・・。
2007/01/24(水) 03:10:22 | URL | LAビジネスウォッチャーズ #eu8NJOOo[ 編集]
返品できないシステム
やまごぼうさん、こんにちは!
アメリカって社員教育が大変だから、返品のようなイレギュラー業務が一番苦手みたいですね。
先日もamazon.comで注文してすぐキャンセルしようとしたのですが、システムの仕様ですぐにはキャンセルできないとか、品物が到着したら受取拒否してくれとか言われて困りました。
日本のシステムは返品処理まで各社細かい仕様があり、作る側は大変なんですが(私はそちら側だったので)、客としてはラクですし、要らないと分かっていて送るなんて、送料がもったいない!
日本の「もったいない」精神がもっと広まればいいのに・・・。
2007/01/23(火) 14:11:00 | URL | Yoko #oD5/Wdf.[ 編集]
NANAOさま
コメント有難うございます。

「企業の社会的責任」も問われる昨今、このような取り組みを考慮に入れているところが確かに素晴らしいですよね。応援クリック有難うございます。
2007/01/20(土) 11:24:32 | URL | LAビジネスウォッチャーズ #eu8NJOOo[ 編集]
やる事が違いますね!
やまごぼうさん、こんにちは。さすがアメリカ、考え方の違いですね。でもいい方法だと思いました。確かに会社にとっては損になっちゃいますけどね。しかも、出来れば寄付してほしいというお願い、素晴らしいと思います。

ポチッと応援クリックしておきました!
2007/01/20(土) 07:38:36 | URL | NANAO #su0TUvvM[ 編集]
ヒロシ様
コメント有難うございます。

最初はこの対応にびっくりしましたが、店側から見ればコストを抑えられる分、こっちの方がいいようですね。
2007/01/20(土) 03:48:15 | URL | LAビジネスウォッチャーズ #eu8NJOOo[ 編集]
そういうところでも費用対効果を見るんですね!
太っ腹というより合理的なんでしょうね!
2007/01/19(金) 18:26:22 | URL | ヒロシ@TradersCafe #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
17日のブログ「腐っても鯛ということか」に関して、LAビジネスウォッチャーズさんから貴重な情報を頂きました。アメリカにおける同種の事件の実情と、それへのスタンスに関するものです。字数の関係でブログのコメント欄に収まりきらないということで、私宛にメールで頂....
2007/01/19(金) 13:47:43 | ナマコン社長の日々雑感
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。