行け行け!LAビジネスウォッチャーズ 日米を股にかけ活躍するU.S.Bizダイレクトがお届けする米国ビジネスの最前線ブログ。アメリカの最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!TVや新聞では伝わらないビジネスヒントやアイデアをお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲ ブックマークに追加する
イチゴ三昧、ストロベリー・フェスティバル。
2006年05月23日 (火) | 編集 |
strawberry.jpg


こんにちは。

『美味なるもの』を求めて3千里。イベント大好き、美味しいもの大好きな"羽くじら♂"です、皆さんいかがお過ごしですか?

さて、

甘い匂いに誘われて、行ってきました『カリフォルニア・ストロベリー・フェスティバル』。

ロサンゼルスの北西にあるカリフォルニアのコーストラインの街オックスナードで毎年この季節に行われるこのストロベリー・フェスティバルでは、さすが全米イチゴ生産量1位のカリフォルニアだけあって、イチゴ三昧の1日を楽しむことができました。両脇に広がるイチゴ畑を望みながら、事前調査で判明済みの「ストロベリー・ビール」に想いを馳せること1時間。12ドルの入場料金を払って、いざ会場入り。

想像では、“イチゴ祭り“だけにイチゴだけを大々的に扱っているものだと思っていましたが、子供向けのアトラクションやアート・クラフトの出店も数多く立ち並び、休日に家族で楽しめる”THEアメリカのフェスティバル“と言った感じでした。

お腹の空き具合もこのストロベリー・フェスティバルに合わせてきたこの私の目に最初に飛び込んできたのは、「ストロベリー・ピザ」。イチゴがたっぷり載ったピザ生地に、イチゴソースと生クリームをトッピングしたもので、ピザと言うよりもデザート感覚でいただける美味しい一品でした。

これをペロリと平らげ、次に挑戦したのが「ストロベリー・ナチョス」。メキシコ料理であるナチョスには、通常、「サルサ」と呼ばれるメキシカン・ソースや溶かしたチーズをかけるのですが、これはそれらの代わりにイチゴとイチゴソースをたっぷりかけます。塩辛いタコスと甘いイチゴがうまく調和され、これまた至極の一品でした。

そろそろ喉が渇き始めた私は、うわさの「ストロベリー・ビール」を求めて会場を散策。探すこと10分。遂に見つけました、“イチゴ麦酒”。隣の「ストロベリー・ワイン」にも興味を注がれましたが、「炎天下ではやっぱ冷えたビールでしょう!」ということで、こちらに挑戦。グラスに注がれたビールに、イチゴを丸ごとトッピング。ほんのり甘く香るイチゴ風味のこのビールは、女性の方にも非常に飲みやすく、ストロベリー・ビールコーナーの前は長蛇の列でした。

「ほろ酔い」と「日焼け」と「興奮」で、ほんのり『赤く』染まった自分の顔を見て、イチゴ三昧な1日を楽しんだと満足げに岐路に着きました。

最後にトリビアをひとつ。

生クリームたっぷりの「ストロベリー・ショートケーキ」。なぜ「ショートケーキ」と呼ばれているかご存知ですか?ホールでも「ショートケーキ」と呼びますよね。

本来、「ショート(short)」には、「短い」という意味のほかに、「さくさくした、ぼろぼろした」という意味も含まれています。こちらアメリカやイギリスでは、「ショートケーキ」というと、さくさくしたビスケット生地にイチゴや生クリームをはさみ層状にしたものを「ショートケーキ」と呼びます。これを日本人好みにアレンジ、改良されたものがおなじみのスポンジ生地の「ショートケーキ」となったのです。

羽くじら♂

banner_02.gif
「行け行け!LAビジネスウォッチャーズ」の気になる順位は?応援クリックお願いします。




blogsign1.gif
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。