行け行け!LAビジネスウォッチャーズ 日米を股にかけ活躍するU.S.Bizダイレクトがお届けする米国ビジネスの最前線ブログ。アメリカの最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!TVや新聞では伝わらないビジネスヒントやアイデアをお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲ ブックマークに追加する
『24』
2006年04月29日 (土) | 編集 |
24.jpg

24の頃...私は

おぉ、けっして私の生き様を話したいわけではなく、
『24』これは今、私がはまりにはまっているアメリカのドラマなのだ。

私が住んでいるここロサンゼルスを舞台とするドラマなので、
ついついドラマに入りきって見てしまう。
とは言っても、あんな過激な1日を体験したことはないが。

ひょんなことから、私の周りに『24』ファンがいることを知った。
オフィスでのある日、隣のデスクの(女性)同僚が、
「この前、街で『24』のエドガーを見た!」と。
エドガーなんて出会っても自慢にならないみたいな、彼女の口調だったのだが
『24』ファンの私は、ひそかに目をキラキラさせていた。

それ以来、『24』が放送される月曜日は実に朝から「今日、あの日だね」
そして次の日の火曜日、「見たっ見たっ?」から一日の会話が始まる。
例外なく、毎週。

日本でもこの『24』が放送され、主人公のジャック・バウアーは人気が出ているとか。
でもやっぱり、脇役エドガーのファンは少ないのだろうなぁ...

にし

人気blogランキングへ  本日もアクセスありがとうございます


スポンサーサイト

モテる技術
2006年04月29日 (土) | 編集 |
アメリカではユニークなトレーニング・セミナーが数多く行われています。

最近、私が特に参加したいと思っているセミナーは、その名も、「From Geek to Seducer」。日本語に訳すと、「オタクからプレイボーイに」という感じでしょうか。

これは、デイビット・コープランドとロン・ルイスが行っている女性にモテるためのトレーニング講座です。彼らはデーティング・コーチとして、アメリカではとても有名で、数年前に全米でベストセラーとなった「How to Succeed with Women」という本の著者でもあります。ちなみに、この本は日本でも「モテる男」というタイトルで出版されています。

彼らは、「女性にモテるモテないは生まれもったものではない。女性にモテるためには、モテる技術が必要であり、トレーニングを重ね技術を身につけることによって、誰でも女性にモテるようになる」と言っています。

この「From Geek to Seducer」セミナーは3日間、25人限定で行われ、「女性へのアプローチ方法」、「ふられたときの対処法」など、女性にモテるためのベーシック・スキルが学べるそうです。

一体どんなトレーニングが行われるのでしょうか。興味津々です。

Joe

人気blogランキングへ  本日もアクセスありがとうございます



楽しいショッピングは顧客サービスから
2006年04月28日 (金) | 編集 |
はじめまして、テンテンです。
ロサンゼルス在住XX年です。
インターネットの普及で世界が随分狭くなりましたが、日本へ行くと、日米間の違いに「ほほぅ」と感じることがあります。 こちらで流行ったりしていることが日本へ流れていくタイミングとか、見ていると楽しいです。やっぱりライフスタイルとかそういったものはロサンゼルス、強いですね。

L.A.生活の中で見聞きしたちょっとしたことをこれから発信していきます。

わたくしの趣味からいきましょう。まず、バッグ好きなんです。
エルメス、ルイヴィトン、プラダ、といった高級ブランドを買い漁るわけではありません。ロサンゼルスって、バッグとその人のファッション・キャラがマッチしている人が沢山歩いていて、どこに行っても楽しいんです。街を歩いていると「どこに売ってるんだろう、あのバッグ」というものをよく目にします。
それにお店のカスタマーサービスにも個性があります。
バッグを買うのは私にとって大切なエクスペリエンス。だからショップの顧客サービスも重要です。
よいショップにはよい顧客サービスがつきもの。
バッグひとつを買うにも楽しくなければなりません。
ちなみに最近の私のお気に入りはデパートで、ノードストロムとサックスフィフス・アベニュー・ビバリーヒルズ店。
店員のさりげないサポートが心地よいので、新作バッグをチェックするときは必ず行きます。

人気blogランキングへ  本日もアクセスありがとうございます



静かなる緑茶ブーム
2006年04月26日 (水) | 編集 |
こんにちは、とげとげです。

最近、アメリカのスターバックスでは、Green Tea Latte(緑茶ラテ)なるものが発売されました。春の限定商品なのか、それとも今後永久的に発売されるのかは定かではありませんが、「アメリカの緑茶ブームもここまで達したか・・・」という感じです。

アメリカでも数年前から「緑茶は健康に良い」という触れ込みで、市販のソフト・ドリンクや、ティー・バッグを皮切りに、実に多種多様な緑茶商品が展開されてきました。しかしその大半が、日本人の緑茶のイメージとはやや食い違った“フレーバーつき緑茶”なのです。蜂蜜入り緑茶、レモン入り緑茶から始まり、オレンジ風味の緑茶や、きゅうりエキス入り緑茶までいろいろで、なにも混ざっていないピュアな緑茶、というのが珍しいくらいです。「所変われば品変わる」というのはこういうことを言うのでしょうか・・・。

わが社でも、研修や視察ツアーに日本からお客様を迎えることがありますが、その中には、緑茶系のソフトドリンクを買って、「甘い緑茶なんて・・・!」と辟易する方も多くいらっしゃいます。

さて、スターバックスのGreen Tea Latteですが、日本人として最新緑茶プロダクトに是非挑戦しなくては、と早速飲んでみました。ようは抹茶にミルクを混ぜただけのシンプルなもので、甘いものが苦手な私にはあまり抵抗なく飲めました。どんどんメインストリーム化が進む緑茶カテゴリー、ビジネス・チャンスをつかむのは今かも・・・。

人気blogランキングへ  本日もアクセスありがとうございます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。